関東の駐車場

足利花火大会駐車場周辺の混雑状況は?近くて安い穴場スポットや予約の裏技も


北関東で最も伝統がある花火大会「足利花火大会」は、1903年から行われている、かつては関東随一の花火大会を自称していたほどの有名な花火大会です。

20,000発の様々な花火を楽しむために現在も毎年50万人近くの方が訪れ、夜空を彩る花火を楽しんでいますね。

 

そんな足利花火大会を見に行く場合はJR足利駅から徒歩5分というアクセスの良さもあり、電車を考える方が多いですよね。

しかし「家族で見に行きたい」「小さな子どもを連れていきたい」など様々な理由で、車で会場まで行きたくなることももちろんあります。

とはいえ50万人近くの人出がある足利花火大会、車で行くとなると駐車場があるのかどうか、確保できるのかどうか、どうしても心配ですよね。

 

今回はこのように足利花火大会へ車で行きたいけれど駐車場があるのかどうか、確保できるのか心配という方に向けて

  • 足利花火大会の駐車場の料金や混雑状況について
  • 足利花火大会でおすすめしたい、使いやすい駐車場など
  • 足利花火大会近くの駐車場を探す場合気をつけておきたいポイント

以上のポイントをまとめています。

足利花火大会へ車で行く場合は事前に把握しておきたい駐車場情報ばかりなので、ぜひ早めにチェックしておいてくださいね!

スポンサーリンク

足利花火大会では仮設駐車場・臨時駐車場が多数用意されているものの混雑も……。

足利花火大会では仮設駐車場、そして臨時駐車場がたくさん開設され、車で行く場合はこちらに停めるのが一番おすすめです。

しかしいくらたくさん用意されているとはいえ人出はそれを超えているので、どうしても混雑も予想されます。

仮設駐車場や臨時駐車場に停めたい場合は、開場時間を守りながらも早めの行動、駐車場の確保をまず一番に考えておきましょう。

 

また仮設駐車場・臨時駐車場は交通規制区域や危険区域などからは基本的に離れているものの、近くまで行くと混雑は避けられません。

遅い時間に会場近くまで行ってしまうと身動きが取れなくなってしまうことも考えられるので、注意してくださいね!

足利花火大会仮設・臨時駐車場でおすすめしたい駐車場をチェック!

足利花火大会ではたくさんの仮設駐車場、臨時駐車場が用意され、基本的にこの駐車場から空いている場所を見つける方法がおすすめです。

その中でも特におすすめしたい駐車場や移動しやすい駐車場などを紹介していくので、ぜひチェックしておきましょう!

いずれの仮設駐車場、臨時駐車場も駐車可能時間は22時までとなっているので、花火大会が終わったのちは速やかに移動するようにしてくださいね。

桜小学校

 

足利花火大会の会場から最も近い仮設駐車場になり、その分開場時間も少し早くなっています。

駐車できる台数もそれなりに多いので、駐車可能時間内で早めに来場できるのであればぜひおすすめです!

 

  • 駐車台数:200台
  • 入庫可能時間:13時
  • 料金:無料

第三中学校

 

桜小学校から少し歩いた程度の距離にある中学校も駐車場として使え、こちらも13時から開場となるので早めに入庫するようにしましょう。

 

  • 駐車台数:260台
  • 入庫可能時間:13時
  • 料金:無料

地場産センター

 

足利駅から橋を渡った反対側にある臨時の駐車場で、国道近くにあるため場所の分かりやすさもメリットで、ぜひおすすめします!

 

  • 駐車台数:78台
  • 入庫可能時間:15時
  • 料金:無料

東山小学校

 

東山小学校の仮設駐車場は開場時間が少し早いこと、比較的たくさん駐車できる数があるなどメリットが多く、おすすめです!

 

  • 駐車台数:172台
  • 入庫可能時間:14時
  • 料金:無料

コムファースト

 

コムファーストはショッピングセンターになり、広い駐車場を足利花火大会の臨時駐車場として使えるので、買い物をしながらゆっくり花火を楽しめます!

  • 駐車台数:1,280台
  • 入庫可能時間:15時
  • 料金:無料

プリオパレス

 

プリオパレスは少し離れた場所になるものの駐車できる台数が多く開場もゆっくりなので、早くから現地へ行きたくない方にぜひおすすめです!

 

  • 駐車台数:300台
  • 入庫可能時間:15時
  • 料金:無料

市民プラザ

 

市民プラザも少し離れた臨時駐車場ではあるものの、駐車できる数が多いのでゆっくり行く場合は最初にチェックみることも考えてみましょう。

 

  • 駐車台数:525台
  • 入庫可能時間:15時
  • 料金:無料

生涯学習センター

 

生涯学習センターの多目的広場にも仮設駐車場が用意されますが、駅からも比較的近い場所なので動きやすさがメリットです。

 

  • 駐車台数:200台
  • 入庫可能時間:15時
  • 料金:無料

総合グラウンド

 

会場近くの仮設駐車場と比べると大分距離は離れるものの会場までの移動がわかりやすく、ゆっくり行く場合はこちらを最初に見ても良いかもしれません。

 

  • 駐車台数:125台
  • 入庫可能時間:15時
  • 料金:無料

市民体育館

 

こちらも少し離れているものの移動が分かりやすく、また近くに臨時駐車場が多数あるので市民体育館を中心に空いている場所を探してみましょう。

 

  • 駐車台数:176台
  • 入庫可能時間:15時
  • 料金:無料

足利花火大会近くの駐車場を探す場合に気をつけておきたいポイントは?

最初にお話した通り、足利花火大会の仮設駐車場、臨時駐車場はたくさん用意されているものの、どうしても混雑も避けられません。

夕方に向かってもどこも満車状態であちこち探し回る……なんてことにもなりかねませんので、できるだけ早め早めの行動を心がけ、駐車場を確保するようにしておきましょう。

 

また車でお越しの際の注意として足利周辺の道路は単車線が多く、交通量が増えるとどうしても渋滞も起こります。

早めの行動はこの渋滞で取られる時間の対策にもなるので、かなり余裕を持っておくことがおすすめです。

 

たくさんある足利花火大会の臨時駐車場も限界があるので、違う方法として駐車場の事前予約サービスを使い、最初から駐車場を確保しておく方法をぜひおすすめします。

駐車場を事前に確保しておけばそもそも空いている駐車場を探す手間もなくなり自由に動きやすくなるので、ぜひ駐車予約サービスは検討してみてくださいね。

ちなみに安い穴場駐車場の予約には駐車場予約サービスとして、スマホアプリでもラクラク駐車場を探せるアキッパがおすすめですよ〜!

まとめ

足利花火大会はたくさんの方が訪れるのでどうしても混雑しやすく、公式サイトでも出来れば公共交通機関の利用がすすめられています。

しかし臨時駐車場や仮設駐車場の数もそれなりにあり、混雑や渋滞を見越した移動を考えれば決して車で行くことも不可能ではありません。

 

もちろん対策はしっかりしておいたほうが良いので、出来れば無料駐車場のチェックだけではなく、ぜひ駐車場の事前予約サービスを検討してみましょう。

  • 予約のできるサイトを活用すること
  • 最大料金などがしっかり分かる明朗会計な駐車場にすること
  • 足利花火大会周辺でコインパーキングでなくとも、借りられる穴場を見つけておくこと

などを踏まえたらやはり「アキッパ」などの予約サービスは心強いです。

駐車場を事前予約することでそもそも駐車場を探す手間をなくしゆっくり足利花火大会を楽しむこともできるので、ぜひ一度検討してみてくださいね!

スポンサーリンク